タブフレーム

概要

パネルを上部のタブで切り替えることができる部品です。

生成可能ウィンドウ部品

継承する種類

ウィンドウ部品

必要プラグイン

ウィンドウ部品集(Produire.WinControl.dll

関係図

 

作成する方法

【名前】というタブフレームを作る

 

手順

部品から継承される手順のほか、次の手順が使用できます。

クリアする 作る 加える 挟む 番目を消す 消す 探す 

【自分】をクリアする

タブをすべて削除します

【自分】へ【名前】という【型】を〈【アイコン/画像】で〉作るタブページ

【型】には、タブページかタブを継承した種類を指定します。
【名前】でタブの固有の名前を付けます

【自分】へ【名前】という【内容】を〈【アイコン/画像】で〉加えるタブページ

タブを追加します。
【名前】でタブの固有の名前を付けることができます

【自分】へタブページである【タブ】を加える

タブを追加します。

【自分】の【挿入位置】番目へ〈【名前】という〉【内容】を〈【アイコン】で〉挟む

タブを【挿入位置】の次に挿入します

【自分】の【番号】番目へ【内容】をタブページである【タブ】を挟む

タブを【挿入位置】の次に挿入します

【自分】の【番号】番目を消す

タブを消します

【自分】から文字列である【名前】を消す

タブを消します

【自分】からタブページである【タブ】を消す

タブを消します

【自分】から【名前】を探す:整数

指定した見出しと一致するタブを番号で表します

設定項目

部品の基本的な設定項目のほか、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
一覧 文字列の配列 タブの見出し一覧
ページ一覧 タブページの配列 タブフレームにあるすべてのタブページ
外観   タブの外観
強調表示 真偽 タブにマウスカーソルを置いたときに強調するかどうか
見出しサイズ 配列 タブの大きさ
行数 整数 表示されているタブの行数を取得します
選択内容 文字列 選択しているタブの見出し
選択番号 整数 選択しているタブの番号
複数行 真偽 タブを複数の行に表示できるかどうか
選択タブ タブページ 選択しているタブ

記号の意味

イベント

部品から継承されるイベント手順のほか、次のイベント手順が使用できます。

イベント名 説明 情報
選択された タブが選択された直後 なし
選択している タブが選択される直前  
解除された タブの選択が解除された直後  
解除している タブの選択が解除される直前  

 

プログラム例

//タブページのサンプル
メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを受け継ぐ

  はじめの手順
  この内容を、「タブページのサンプル」に変える
  
  タブフレーム1というタブフレームを作る
  タブフレーム1の位置と大きさを、{30,30,200,200}に変える
   
  // 1ページ目を追加する
  ページ1は、タブフレーム1に「ページ1」を追加したもの
    ページ1へチェック1というチェックボックスを作る
    チェック1の内容は、「チェック」
  
  // 2ページ目を追加する
  ページ2は、タブフレーム1に「ページ2」を追加したもの
    ページ2へメモという文章テキストを作る
    メモの内容は、「メモです」
    メモのドッキング方向は、「全体」
  
  // あページ目を追加する
  ページ3は、タブフレーム1に、「ページ3」を追加したもの
    ページ3の背景色は、「緑」
  
  閉じる時の手順は、窓を閉じる
  終わり

  タブフレーム1が選択された時の手順
    この内容は、「[タブフレーム1の選択タブの番号]番目が選択されました」
  終わり

  窓を閉じる手順
    終了する
  終わり
終わり