ボタン部品

概要

ツールバーまたはステータスバーに貼り付けることができるボタン部品です。

継承する種類

ツール部品

必要プラグイン

ウィンドウ部品(Produire.WinControl.dll

関係図

 

作成する方法

【対象】へ【名前】というボタンを追加する

【対象】 ステータスバーツールバーを指定します
〈名前〉 名前を指定します

 

設定項目

ツール部品から継承される設定項目のほか、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
画像 表示するアイコン
透明色 「絵」設定項目で透明にする色
内容 文字列 ボタンの内容

記号の意味

イベント手順

バー部品の基本的なイベント手順が使用できます。

プログラム例

※実行する前に画像ファイルの場所を適切なパスに変更してください。

ーーツールバーの例
窓という、ウィンドウを作る
  その内容を「ツールバーの例」に変える
  その大きさを{400,180}に変える
メインバーというツールバーを窓に作る
ツールバー1というツールバーを、作る
メインバーの透明色を紫色に変える

メインバーに新規ボタンというボタンを「[プログラムのフォルダ]../image/new.bmp」で追加する
メインバーに開くボタンというボタンを「[プログラムのフォルダ]../image/open.bmp」で追加する
メインバーに保存ボタンというボタンを「[プログラムのフォルダ]../image/save.bmp」で追加する
メインバーに区切り線を追加する
メインバーに印刷ボタンというボタンを「[プログラムのフォルダ]../image/print.bmp」で追加する

窓を表示する
待機する

新規ボタンがクリックされた時の手順
  「新規ボタン」を表示する
終わり
開くボタンがクリックされた時の手順
  「開くボタン」を表示する
終わり
保存ボタンがクリックされた時の手順
  「保存ボタン」を表示する
終わり
印刷ボタンがクリックされた時の手順
  「印刷ボタン」を表示する
終わり