シンプルツールバー項目

概要

一覧から一つまたは複数の項目を選択することができる部品です。

生成可能ウィンドウ部品

継承する種類

ウィンドウ部品

必要プラグイン

ウィンドウ部品集(Produire.WinControl.dll

関係図

作成する方法

【名前】というシンプルツールバー項目を作る

設定項目

部品から継承される設定項目のほか、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
内容文字列 内容
押されている真偽値 ボタンが押された状態であるかどうか
シンプルツールバー 所属するシンプルツールバー
画像 画像 ボタンのアイコン画像

記号の意味

イベント手順

部品から継承されるイベント手順のほか、次のイベント手順が使用できます。

イベント名 説明 情報
クリックされた ツールバーがクリックされたとき

プログラム例

画像フォルダは、「[プログラムのフォルダ]..\..\..\..\サンプル\image\」
素材として「[画像フォルダ]new.bmp」を利用する
素材として「[画像フォルダ]open.bmp」を利用する
素材として「[画像フォルダ]save.bmp」を利用する
メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを受け継ぐ

  はじめの手順
    内容を「シンプルツールバーの例」に変える
    シンプルツールバー1というシンプルツールバーを作る
      その透明色を「Magenta」に変える
    シンプルツールバー1に「新規」を(素材リストから「new.bmp」を画像として取得したもの)で加える
    シンプルツールバー1に「開く」を(素材リストから「open.bmp」を画像として取得したもの)で追加する
    シンプルツールバー1に「保存」を(素材リストから「save.bmp」を画像として取得したもの)で追加する
  終わり

  シンプルツールバー1のボタンがクリックされた時の手順
    選択項目は、この時の選択ボタン
    「[選択項目の内容]をクリックしました」を表示する
  終わり
終わり