ツールチップ

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
アイコン 画像 ヒント表示の際に表示するアイコン
タイトル 文字列 ヒント表示の際にタイトルとして表示する内容
使用可能 真偽 ツールチップの機能が有効かどうか
常時表示 真偽 ヒントを常に表示するかどうか
バルーン表示 真偽 バルーン表示するかどうか
表示時間 整数 ヒントが表示されてから消えるまでの時間
待機時間 整数 対象部品にカーソルが置かれてからヒントが表示されるまでの時間
再表示待機時間 整数 ヒントが消えてから別のヒントが表示されるまでの時間
基準時間 列挙 ヒントの表示時間の基準値を設定します。
{表示時間=基準の10倍
待機時間=基準と同じ
再表示待機時間=基準の1/5}

記号の意味

イベント手順

部品から継承されるイベント手順のほか、次のイベント手順が使用できます。

イベント名 説明 情報
ポップアップする ヒントが表示される時

プログラム例

通常のヒントメッセージやバルーン型のヒントを部品に対応付けます。

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを継承する
  
  はじめの手順
    初期化する
    ーー貼り付けた部品に対する操作をここに書きます
    ツールチップ1というツールチップを作る
    ツールチップ2というツールチップを作る
    ツールチップ2のバルーン表示を○に変える
    ツールチップ2のアイコンを情報に変える
    ツールチップ2のタイトルを「パネルのヒント」に変える
    ボタン1に「こんにちは」というツールチップ1を設定する
    パネル1に「バルーン型のヒント[改行]このように表示されます」というツールチップ2を設定する
  終わり

  初期化する手順
  ーーこの手順は自動生成されたものです。編集しないでください
  この内部領域大きさを{284、262}に変える
  この内容を「ツールチップのテスト」に変える
  このドラッグドロップを○に変える
  パネル1というパネルを作る
    その移動順を1に変える
    そのドラッグドロップを○に変える
    その位置と大きさを{43、80、200、100}に変える
    その背景色を「#C0C0FF」に変える
  ボタン1というボタンを作る
    その内容を「ボタン1」に変える
    その移動順を2に変える
    その位置と大きさを{12、12、75、23}に変える
終わり

  ボタン1がクリックされた時の手順
    ボタン1に「こんにちは」というツールチップ1を表示する
  終わり
終わり