フレーム

概要

複数の部品を種類別にまとめるための枠です。

生成可能ウィンドウ部品

継承する種類

ウィンドウ部品

必要プラグイン

ウィンドウ部品集(Produire.WinControl.dll

 

作成する方法

【名前】というフレームを作る

 

手順

部品から継承される手順のほか、次の手順が使用できます。

クリアする 作る 消す 

【自分】をクリアする

フレーム上からすべての部品を消します

【自分】へ【名前】という【部品名】を作る

部品を作成して、フレーム上に表示します

【自分】から【名前】を消す

フレーム上から指定した部品を消します

設定項目

部品の基本的な設定項目のほか、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
見た目   フレームの外見
標準・ポップアップ・ボタン・フラット
子部品一覧   フレームの中にある部品の一覧

記号の意味

イベント手順

部品の基本的なイベント手順が使用できます。

 

プログラム例

フレームを作り、その中にチェックボックスを作ります。

窓というウィンドウを作る
窓へ検索設定枠というフレームを作る
  その位置は、{10,10}
  その内容は、「検索設定」
検索設定枠へ新幹線というチェックボックスを作る
  その位置と大きさは、{10,15,150,30}
  その内容は、「新幹線を利用する」
窓を表示する

待機する