日時選択欄

概要

日付を選択するための部品です。

▼をクリックすると、カレンダが表示され、日付を選択することができます。

生成可能ウィンドウ部品

継承する種類

ウィンドウ部品

必要プラグイン

ウィンドウ部品集(Produire.WinControl.dll

 

作成する方法

【名前】という日時選択欄を作る

 

手順

部品から継承される手順のほか、次の手順が使用できます。

手順名 助詞 結果 説明
       

 

設定項目

部品から継承される手順のほか、次の手順が使用できます。

設定項目   説明
アップダウンボタン 真偽 アップダウンボタンを表示するかどうか
カスタム書式 文字列 オリジナルの日時・時刻の書式を指定します
この設定は「書式」設定項目が「カスタム」のときに利用できます。
タイトル背景色 カレンダのタイトル部分の背景色
タイトル文字色 カレンダのタイトル部分の文字色
チェック 真偽 チェックされているかどうか
チェックボックス 真偽 チェックボックスを表示するかどうか
フォント フォント カレンダに使用するフォント
間隔 整数 文字と外枠との間隔
月背景色 カレンダの月の部分の背景色
高さ 整数 日時選択欄の高さを表します
最小値 整数 選択できる日時の最小値
最大値 整数 選択できる日時の最大値
書式 文字列 日時・時刻の書式を指定します
選択画面配置   ボタンをクリックした際に表示されるカレンダの位置
前後月色 前後の月の日にちを表す文字の色
内容 文字列 選択された日時を指定した書式で設定、取得します
日時 日時形式 選択された日時
文字色 カレンダに使用する文字の色

記号の意味

 

イベント手順

部品から継承されるイベント手順のほか、次のイベント手順が使用できます。

イベント名 説明 情報
変更された 項目が選択された時

 

プログラム例

ーー日時選択欄
窓というウィンドウを作る
  そのタイトルは、「出発日は?」
窓へ出発日という日時選択欄を作る
  その位置は、{10,10}
窓へ結果というラベルを作る
  その位置は、{10,40}
窓を表示する

待機する

出発日が変更された時の手順
  結果の内容は、「[出発日の内容]に出発します。」
終わり