ウェブブラウザページ

概要

ウェブブラウザで表示しているページの文章構造(DOM)を表す種類です。

保護機能が有効

必要プラグイン

ウィンドウ部品集(Produire.WinControl.dll

関連項目

作成する方法

ウェブブラウザの「ページ」設定項目で取得できます。

手順

次の手順が使用できます。

ID要素を取得する 要素を取得する クラス要素を取得する 

【自分】から【要素名】というID要素を取得するウェブブラウザ要素

指定したIDを持つ要素を取得します。

ブラウザを「main」というID要素を取得してメイン要素とする

【自分】から【要素名】という要素を取得するウェブブラウザ要素の配列

ドキュメント内すべての要素について、指定した要素(タグ)名と合致する要素すべてを取得します。

ブラウザから「a」という要素を取得してリンク要素一覧とする

【自分】の【座標】から要素を取得する:ウェブブラウザ要素

指定した座標にある要素を取得します。

ブラウザの{130,130}から要素を取得して選択要素とする

【自分】から【クラス名】というクラス要素を取得するウェブブラウザ要素の配列

ドキュメント内すべての要素について、指定したクラス名が選択されている(class属性に指定されている)要素すべてを取得します。
クラス名は、半角スペースで区切って複数指定できます。

ブラウザから「menu selected」をクラス要素を取得して選択メニュー要素とする

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
アドレス 文字列 インターネットアドレス
クッキー 文字列 現在のページのクッキー

記号の意味

プログラム例

ブラウザのDOM構造を取得して、Yahoo!トップページの検索窓のリンクを選択して、キーワードを入力して、検索します。
Yahoo!は、2014年9月現在の内容を前提しています。最新のデザイン変更によって動作しないことがあります。

メインウィンドウを表示する
待機する

メインウィンドウとは
  ウィンドウを継承する
  はじめの手順
    初期化する
    ーー貼り付けた部品に対する操作をここに書きます
  終わり
  初期化する手順
  ーー自動生成された手順です。ここにプログラムを書き加えても消える場合があります
  この内部領域大きさを{767、486}に変える
  この内容を「ブラウザ制御」に変える
  このドラッグドロップを○に変える
  ボタン1というボタンを作る
    その位置と大きさを{189、452、126、23}に変える
    その内容を「プロデル検索」に変える
    その移動順を1に変える
    その有効を「×」に変える
    その位置固定方向を「左+下」に変える
  ウェブブラウザ1というウェブブラウザを作る
    その位置と大きさを{12、12、743、434}に変える
    そのアドレスを「http://www.yahoo.co.jp/」に変える
    その移動順を2に変える
    その位置固定方向を「右+左+下+上」に変える
終わり

  ボタン1がクリックされた時の手順
    ウェブブラウザ1のページから「isearch」というID要素を取得してTとする
    Tをクリックする
    ウェブブラウザ1のページから「searchBox」というID要素を取得してXとする
    Xから「form」という要素を取得してFとする
    Fの1番目の「p」へ「プロデル」という値を設定する
    (Fの1番目)を送信する
  終わり

  ウェブブラウザ1のページが読み込まれた時の手順
    ボタン1の有効を○に変える
  終わり
終わり