矩形

概要

数値で表せる範囲の情報を持つ種類です。

値型

手順

次の手順が使用できます。

交差する 拡大する 含まれる 含む 

【自分】が【矩形】と交差する:真偽値

この矩形が指定した矩形と重なり合うかどうかを表します

枠Aという矩形(10,10,100,100)を作る
枠Bという矩形(50,50,50,50)を作る
枠Aが枠Bと交差するかどうかを報告する

【自分】を【サイズ】だけ拡大する

この矩形を指定したサイズだけ大きくします。幅と高さは、中心座標を基準にして、指定したサイズの2倍になります。

枠Aという矩形(10,10,100,100)を作る
枠Aを{30,30}だけ拡大する
それを報告する

【自分】が【矩形】へ含まれる:真偽値

この矩形が指定した矩形の中に入るかどうかを表します

枠Aという矩形(10,10,100,100)を作る
枠Bという矩形(50,50,50,50)を作る
枠Aに枠Bが含まれるかどうかを報告する

【自分】が【矩形】を含む:真偽値

この矩形の中に指定した矩形が入るかどうかを表します

枠Aという矩形(10,10,100,100)を作る
枠Cという矩形(50,150,100,100)を作る
枠Cが枠Aを含むかどうかを報告する

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
整数
整数
整数
高さ 整数 高さ
大きさ サイズ 大きさ
位置 座標 位置
整数 横+幅
整数 縦+高さ
内容 文字列 「{[横],[縦],[幅],[高さ]}」で表します

記号の意味

型変換

この種類は、次の別のデータ型へ自動的に変換できます。

方向 説明
文字列 {横,縦,幅,高さ}の文字列表記
配列←→ {横,縦,幅,高さ}

プログラム例

矩形で位置と大きさをそれぞれ設定します。

Rという矩形(150,35,10,30)を作る
Rの縦を報告する
Rの横は、10
Rの横を報告する