WMI

概要

Windows Management Instrumentation(WMI)をプロデルから管理する種類です。

静的種類

必要なプラグイン

システム情報取得

 

手順

取得する 

【自分】から【クエリ:文字列】で取得するWMIオブジェクトの配列

指定したWMIクエリを発行します。その結果を返します。

【自分】から【クエリ:文字列】で【スコープ】にて取得する:WMIオブジェクトの配列

指定したスコープでWMIクエリを発行します。その結果を返します。

設定項目

設定項目   説明

プログラム例

「Win32_Processor」に含まれる情報をすべて取得します。

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを継承する
  はじめの手順
    初期化する
    ーー貼り付けた部品に対する操作をここに書きます
    (WMIから「SELECT * FROM Win32_Processor」で取得)して結果リストとする
    結果リストのすべてのオブジェクトについてそれぞれ繰り返す
      オブジェクトのすべての要素についてそれぞれ繰り返す
        リストビュー1に要素の名前を追加する
          その詳細を{要素の値}に変える
      繰り返し終わり
    繰り返し終わり
  終わり
  初期化する手順
    ーー自動生成された手順です。ここにプログラムを書き加えても消える場合があります
    この内部領域大きさを{284、261}に変える
    この内容を「WMIから情報の取得」に変える
    このドラッグドロップを○に変える
    リストビュー1というリストビューを作る
      その位置と大きさを{12、49、239、184}に変える
      その表示方法を「詳細」に変える
      その見出し一覧を{「名前」、「値」}に変える
      その見出し幅を{97、80}に変える
      そのタイルサイズを{0、0}に変える
  終わり
終わり