ブック

概要

Microsoft Excelのワークブックを操作するための種類です。
ワークシートの追加・削除や、ワークブック単位での印刷やマクロ実行などが可能です。

ワークブックとは、Excelのファイル一つ一つのことを表しています。
つまり、Excelのファイルを開くと1つのワークブックが表示されます。
ワークブックには、複数のワークシートが含まれています。

関係図

 

ワークブックの切り替え

ワークブックは、ファイルの名前か開いた順番の番号で指定できます。

エクセルのワークブックを【ワークブック名または番号】に変える

番号で指定する場合は、はじめに開いたワークブックを1とします。
「エクセルのワークブック一覧」設定項目の一覧と対応しています。

 

手順

次の手順を利用することができます。

プレビューする マクロ実行する 印刷する 選択する シートを追加する 閉じる 保存する 

【自分】をプレビューする

ワークブックのプレビューを表示します

【自分】にある【関数名】を〈【引数】で〉マクロ実行する

ワークブックに含まれるマクロを実行します
他のブックのマクロを実行する場合、下記参照

【自分】を印刷する

ワークブックを印刷します

【シート名】を選択する

ワークシートを選択します

【自分】にシートを追加する

現在のワークブックにシートを追加します

【自分】を閉じる

ワークブックを閉じます

【自分】を【ファイル名】へ保存する

ワークブックを指定したファイル名で保存します

ーーブックの保存する
エクセルの現在ブックを「計画表.xls」に保存する

設定項目

書式

エクセルのワークブックの【設定項目】を【内容】に変える

次の設定項目を利用することができます。

設定項目   説明
ファイル名 文字列 ワークブックのファイル名
ワークシート一覧   ワークブックに含まれているワークシートの一覧
ワークシート数 整数 ワークブックに含まれているワークシートの数

プログラム例

マクロ(TestMacro)の実行

プロデルからExcel上で作成したマクロ(VBA)を呼び出すことができます。
「マクロ実行」手順の【引数】は、配列形式で書きます。

エクセルの現在ブックにある「TestMacro」をマクロ実行する

定義したマクロ(Test2)の実行

次のような定義のマクロ(Test2)の実行
Sub TestMacro2(Value As String, Title As String)

エクセルにある 「TestMacro2」を{「Hello」,「Message」}でマクロ実行する

Sheet1に定義したマクロの実行

エクセルの現在ブックにある「Sheet1.TestMacro」をマクロ実行する

他のブック(計画表.xls)のマクロ(TestMacro)の実行

エクセルで「計画表.xls」を開く
エクセルにある「計画表.xls!TestMacro」をマクロ実行する