TCPIPクライアント

概要

TCPでデータの送受信を行うための種類です。TCPサーバへ接続するクライアント機能が用意されています。

生成可能保護機能が有効

必要プラグイン

ネットワーク機能 

作成する方法

【名前】というTCPIPクライアントを作る

手順

切断する 接続する バイナリ形式で送受信する バイナリ形式で送信する バイナリ形式で受信させる 送受信する 送信する 受信させる 受信開始する 

【自分】を切断する

接続先との通信を終了します

【自分】を【ホスト名】へ接続する

指定したホスト名への接続を開始します

【自分】から【バイトデータ】を、バイナリ形式で送受信するバイナリデータ

接続先へバイナリ形式でデータを送信して、その応答メッセージを受信します。
結果としてデータを送信した直後に接続先から受け取ったメッセージを表します

【自分】から【バイトデータ】を、バイナリ形式で送信する

接続先へバイナリ形式でデータを送信します

【自分】に、バイナリ形式で受信させる文字列

接続先からバイナリ形式でデータを送信します

【自分】から【送信内容:文字列】を送受信する文字列

接続先へテキスト形式でデータを送信して、その応答メッセージを受信します。
結果としてデータを送信した直後に接続先から受け取ったメッセージを表します

【自分】から【送信内容:文字列】を送信する

接続先へテキスト形式でデータを送信します

【自分】に受信させる文字列

接続先からデータを受信して、テキスト形式で表します。
この手順は、「受信した」時のイベント手順が処理されるまでに
TCPIPクライアントが受信したデータを取得することができます

【自分】に受信開始する

接続先からデータの受信を開始します。
この手順を実行すると、「受信した」時のイベント手順が起きるようになります。
この手順は、TCPIPサーバの「受信した」時の手順のイベント情報の「クライアント」で取得したTCPIPクライアントのみで有効で、
通常は、「接続する」手順が実行されると、すぐに受信が開始されます。

設定項目

設定項目   説明
ポート番号 整数 接続先のサーバのポート番号
文字コード 文字コード テキスト形式で送受信するときに使用する文字コード
送信バッファサイズ 整数 送信に使用するバッファサイズ(既定値は8192)
送信タイムアウト時間 整数 送信に失敗したと判断するタイムアウト時間(単位:ミリ秒)
0は無期限
受信バッファサイズ 整数 受信に使用するバッファサイズ(既定値は8192)
受信タイムアウト時間 整数 受信に失敗したと判断するタイムアウト時間(単位:ミリ秒)
0は無期限
相手先アドレス 文字列 相手先のIPアドレスを表します
相手先ポート 整数 相手先のポート番号を表します
自己アドレス 文字列 自分のIPアドレスを表します
自己ポート 整数 自分のポート番号を表します
接続中 真偽値 クライアントが接続状態であるかどうか

記号の意味

実行される手順

手順名 説明 情報
受信した 相手側からメッセージを受け取ったときに実行されます あり

 

プログラム例

ポート5000番で待機しているサーバへ接続して、メッセージを送ります。

「Produire.Network.dll」を利用する

クライアントというTCPIPクライアントを作る
クライアントの使用ポート番号は、5000
クライアントを「localhost」へ接続する
クライアントから「こんにちは[改行]さようなら」を送信する
クライアントを切断する