書庫ファイル操作

概要

各種書庫ファイルを扱う手順を集めた種類です。

利用する際に、このオブジェクトを作る必要はありません。

静的種類広域種類 

利用プラグイン

ファイル操作機能

 

手順

解凍する 圧縮する 書庫ファイルとして開く 

次の手順が使用できます。

【圧縮ファイル名】を【解凍先】へ解凍する

圧縮ファイルを解凍します
圧縮ファイルの解凍には各種アーカイバDLLが必要です。
対応形式はLZH, ZIP, CAB, RAR、TAR, GCA, ARJ, YZ1, 7-zip, ISOです。

「書庫.lzh」をデスクトップで解凍する

保護機能が有効 保護機能の有効時は、解凍先にシステム領域を指定できません。

【ファイル・フォルダ】を【圧縮ファイル名】へ〈【オプション】で〉圧縮する

ファイルを圧縮します。
ファイルの圧縮には各種アーカイバDLLが必要です。
対応形式はLZH, ZIP, CAB, TAR, YZ1, 7-Zipです。

対象フォルダを「[デスクトップ]圧縮ファイル.zip」へ圧縮する

保護機能が有効 保護機能の有効時は、圧縮ファイル名にシステム領域を指定できません。

【ファイル名】を書庫ファイルとして開く書庫ファイル

指定したファイルを書庫として扱います。

ショートカットは、「ショートカット.lnk」を開いたもの
ショートカットのリンク先を表示する

設定項目

設定項目   説明
       

記号の意味

プログラム例

デスクトップにメモ帳のショートカットを作成します。

ショートカットファイル:「notepad.exe」を「メモ帳」として「notepad.exe」で「[デスクトップ]テスト.lnk」へ作成する