ドラッグドロップされた時の情報

イベント情報は、イベント手順が実行された時に、その手順内で有効な「この時」変数で取得できます。

キャンセルできるイベント情報

設定項目   説明
ファイル一覧 文字列の配列 ドロップされたファイル一覧

例文

リストボックスへファイルをドラッグ&ドロップした例です。

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを継承する

  はじめの手順
  初期化する
  終わり

  初期化する手順
    この内容を「ファイルのドラッグ&ドロップ」に変える
    この位置と大きさを{15,15,300,300}に変える
  ファイルリストというリストボックスを作る
    そのドラッグドロップを○に変える
    そのドッキング方向を「全体」に変える
    その項目高さを12に変える
    その位置と大きさを{38,54,120,88}に変える
  終わり

  ファイルリストがドラッグドロップされた時の手順
    一覧は、この時のファイル一覧
    ファイルリストを更新開始する
    一覧をファイルリストへ追加する
    ファイルリストを更新終了する
  終わり
終わり