XML文章

概要

「XML文章」は、XMLの要素を操作するための部品です。

生成可能

必要プラグイン

データベース機能(Produire.Data.dll

関係図

 

作成する方法

XML文章を作る

 

手順

更新する 要素を作る プロセッサ処理を作る コメントを作る データセクションを作る 空白を作る テキストを作る プロセッサ処理を加える コメントを加える データセクションを加える 空白を加える テキストを加える 削除する 取得する 内容だけ取得 内容更新 保存する 名前空間へ追加する 

【XMLパス】を【内容】へ更新する

XMLから指定した位置にある要素の内容を【内容】に変えます。

【自分】へ〈【値】で〉【名前】という要素を作るXML要素

XML文章に要素を作って加えます。

【自分】へ【名前】という【内容】でプロセッサ処理を作るXMLプロセッサ処理

プロセッサ処理を作成します。「追加」手順で追加するまでXML文章には反映されません。

【自分】へ【内容】でコメントを作るXMLコメント要素

コメントを作成します。「追加」手順で追加するまでXML文章には反映されません。

【自分】へ【内容】でデータセクションを作るXMLデータセクション要素

データセクションを作成します。「追加」手順で追加するまでXML文章には反映されません。

【自分】へ【内容】で空白を作るXML空白要素

空白要素を作成します。「追加」手順で追加するまでXML文章には反映されません。

【自分】へ【内容】でテキストを作るXMLテキスト

テキスト要素を作成します。「追加」手順で追加するまでXML文章には反映されません。

【自分】へ【名前】という【内容】でプロセッサ処理を加えるXMLプロセッサ処理

プロセッサ処理を作成して、XML文章に加える。

【自分】へ【内容】でコメントを加えるXMLコメント要素

コメントを作成して、XML文章に加える。

【自分】へ【内容】でデータセクションを加えるXMLデータセクション要素

データセクションを作成して、XML文章に加える。

【自分】へ【内容】で空白を加えるXML空白要素

空白要素を作成して、XML文章に加える。

【自分】へ【内容】でテキストを加えるXMLテキスト

テキスト要素を作成して、XML文章に加える。

【自分】から【XMLパス】を削除する

XMLから指定した位置にある要素を削除します。

【自分】から【XMLパス】を取得する

XMLから指定した位置にある要素の内容をすべて取得します。

【自分】から【XMLパス】を取得する

XMLから指定した位置にある要素の内容をすべて取得します。

【XMLパス】を〈【モード】で〉内容だけ取得

XMLから指定した位置にある値を取得します。
〈モード〉にXPathを指定すると、XPathで取得することができます。

【XMLパス】を【内容】へ内容更新

XMLから指定した位置にある値を【内容】に変えます。

【自分】を【ファイル名】へ保存する

XMLファイルへ保存します。

【接頭辞】として【URI】の名前空間へ追加する

XML文章で使用する接頭辞と名前空間の対応関係を追加します。

チャンネル要素へ「http://www.w3.org/2005/Atom」において、「atom:link」という要素を作って【Atomリンク要素】とする
Atomリンク要素へ「type」という属性を作って【種類属性】とする
種類属性の内容は、「application/rss+xml」

設定項目

設定項目   説明
スペース保持 真偽値 XMLのスペースを保持しておくかどうか
ソース 文字列 XMLを取得します
ファイル名 文字列 XMLファイル名を表します
ルート要素 XML要素 XML文章の直下に含まれるすべてXMLノードを配列で表します
ルート要素名 文字列 XMLの根にある要素の名前を表します
一覧 配列 XML文章の直下に含まれるすべてXMLノードを配列で表します
要素一覧 配列 XML文章の直下に含まれるXML要素のみを配列で表します
名前空間 文字列 XML文章の名前空間を表します
接頭辞 文字列 XML文章の接頭辞(プリフィックス)を表します

記号の意味

プログラム例

XML文章を作って、結果.XMLへ出力します。

XML文章を作って、【RSS文章】とする

RSS文章へ「rss」という要素を作って【RSS要素】とする
RSS要素へ「version」という属性を作って【バージョン属性】とする
バージョン属性の内容は、「2.0」

「結果.xml」にRSS文章を保存する