データ表

概要

表形式のデータを表す種類です。
この種類は、表部品に表示されているデータやデータベースエンジンから
取得したデータを取得したり加工したりするためのものです。

必要プラグイン

データベース表部品(Produire.Data.Grid.dll

関連項目

 

作成する方法

【名前】というデータ表を作る

 

手順

すべて消す 内容をすべて消す 列を加える 行を加える 加える 消す 取得 保存する 読み込む 一覧で取得する 一覧で設定する 

【自分】をすべて消す

データ表にある列とデータをすべて消します

【自分】から内容をすべて消す

データ表にあるすべての行を消します

【自分】へ【列名】という列を加える

データ表に列を加えます

【自分】へ行を加える

データ表の末尾に空白の行を加えます

【自分】へ【データ:辞書】を加える

データ表の末尾へ新しい行を作り、指定した辞書の見出しと対応してデータを設定します。

データ表を作ってデータとする
データに{「日付」、「内容」、「値段」}という列を加える
データに{日付=今、内容=「食費」、値段=「1500」}を追加する

【自分】へ【データ:配列】を加える

データ表の末尾へ新しい行を作り、指定した配列の順にデータを設定します。

データに{「1月15日」、「食費」、「1500」}を追加する

【自分】から【行番号】行目を消す

データ表の指定した行のデータを消します。

【自分】から【列番号】列目を取得

データ表の指定した列のデータを取得します。

【自分】から【行番号】行目を取得

データ表の指定した行のデータを取得します。

【自分】を【ファイル名】へ〈【文字コード】で〉保存する

ファイルからデータ表へ読み込みます。
ファイル名には、CSV形式(*.csv)またはXML形式が指定できます。

データを「data.csv」へ保存する

【自分】へ【ファイル名】から〈【文字コード】で〉読み込む

ファイルからデータ表へ読み込みます。
ファイル名には、CSV形式(*.csv)またはXML形式が指定できます。

データ表を作ってデータとする
データへ「data.csv」から読み込む

【自分】の【列番号】列目を一覧で取得する:配列

データ表の指定した列にある値をすべて取り出して配列で表します。

データの2列目を一覧で取得したものを表示する

【自分】の【列番号】列目へ【一覧:配列】を一覧で設定する

データ表の指定した列へ【一覧】にある値を順番に各行へ設定します。
【一覧】の個数がデータ表よりも行数よりも大きい場合は、データ表にある行数まで設定されます。

データの3列目へ{「できる」,「よくできる」}を一覧で設定する

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
名前 文字列 表の名前
一覧 配列の配列 2次元配列で表した表に含まれるすべてのデータ

記号の意味

プログラム例

データ表にデータを加えたり消したりします。

データというデータ表を作る
データに{「名前」、「メール」、「誕生日」}という列を加える
データへ{名前=「秋山」、メール=「akiyama@yahou.co.jp」、誕生日=「1988/03/25」}を加える
データへ{名前=「石川」、メール=「ishi@gmall.com」、誕生日=「1984/08/15」}を加える
データへ{名前=「原口」、メール=「haragushi@potmail.co.jp」、誕生日=「1985/12/06」}を加える
データへ{名前=「松下」、メール=「matsu@gmall.com」、誕生日=「1984/04/16」}を加える
データへ{名前=「山中」、メール=「ymnk@potmail.co.jp」、誕生日=「1985/07/10」}を加える
データから3行目を消す


データ表の特定の列について値を取得したり設定したりします。

データというデータ表を作る
データに{「名前」、「点数」、「成績」}という列を加える
データへ{名前=「国語」、点数=60}を加える
データへ{名前=「算数」、点数=85}を加える
データへ{名前=「社会」、点数=75}を加える
データへ{名前=「理科」、点数=90}を加える
データへ{名前=「音楽」、点数=80}を加える
データの2列目を一覧で取得する
その合計を「合計点」として表示する

データの一覧を「変更前」として表示する
成績一覧は、{「できる」,「よくできる」,「できる」,「よくできる」,「よくできる」}
データの3列目へ成績一覧を一覧で設定する
データの一覧を「変更後」として表示する