ログインされていません
ログインする

作品一覧

58 エクスプローラ風部品を作る(フォルダーツリー)

作品プログラム
動作環境
プロデル1.5.895以降
投稿者
ゆうと
更新日
2018-03-05 00:24:39
ダウンロード数
92

作品のプログラム

「shell32.dll」の4番目からアイコン画像を抽出してフォルダアイコンとする
メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを継承する
  はじめの手順
    初期化する
    ーー貼り付けた部品に対する操作をここに書きます
    デスクトップからツリーを構築する
  終わり
  初期化する手順
  ーー自動生成された手順です。ここにプログラムを書き加えても消える場合があります
  この設計スケール比率を{144,144}に変える
  この内部領域大きさを{538,417}に変える
  この内容を「ファイルツリー」に変える
  ラベル1というラベルを作る
    その位置と大きさを{133,375,59,18}に変える
    その内容を「ラベル1」に変える
    その移動順を3に変える
  選択ボタンというボタンを作る
    その位置と大きさを{12,364,115,41}に変える
    その内容を「選択」に変える
    その移動順を1に変える
  ツリー1というツリーを作る
    その位置と大きさを{12,12,514,346}に変える
    その項目高さを20に変える
    その移動順を2に変える
    その位置固定方向を「右+左+下+上」に変える
  終わり
  [選択フォルダ]からツリーを構築する手順
    ツリー1をクリアする
    もし「[選択フォルダ]」が「\」で終わるなら選択フォルダは、「[選択フォルダ]」の末尾から1文字消したもの
    ツリー1に選択フォルダをフォルダアイコンで追加してルートとする
    ルートに選択フォルダからツリーを構築する
  終わり
  [選択フォルダ]から[対象ノード]にツリーを構築する手順
    【フォルダ一覧】は、選択フォルダのフォルダの一覧
    フォルダ一覧のすべてのフォルダ名についてそれぞれ繰り返す
      対象ノードにフォルダ名をフォルダアイコンで追加して子ノードとする
      子ノードに選択フォルダ&「\」&フォルダ名からツリーを構築する
    繰り返し終わり
  終わり

  選択ボタンがクリックされた時の手順
    もしフォルダ選択画面を表示でないなら抜け出す
    フォルダ選択画面のフォルダ名からツリーを構築する
  終わり
  
  ツリー1が選択された時の手順
    ラベル1の内容は、ツリー1の選択項目のフルパス
  終わり
終わり
	

▲ページの先頭へ