解消を確認しました

投稿者:碁盤鮫 投稿日:2020/08/17(Mon) 03:33:52 No.1965

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーー テストプログラム
自然対数の底の2乗の値を報告する
{自然対数の底の2乗の値}を報告する
1と1のワを報告する
{1と1のワ}を報告する
1と1をタしたものを報告する
{1と1をタしたもの}を報告する
崖の上のポニョを報告する
{崖の上のポニョ}を報告する
ヒのフのミの次を報告する
{ヒのフのミの次}を報告する

自然対数の、底の、[x]乗の、値を求める手順
 自然対数乗(x)を返す
終わり
[a]と、[b]の、ワを求める手順
 a+bを返す
終わり
[a]と、[b]を、タす手順
 a+bを返す
終わり

崖の、上の、ポニョを求める手順
 「ブリュンヒルデ」を返す
終わり
ヒの、フの、ミの、次を求める手順
 4を返す
終わり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーー 「スミレ畑」(Sumire 1.7.1014)での実行結果
7.38905609893065
{7.38905609893065}
2
{2}
2
{2}
ブリュンヒルデ
{ブリュンヒルデ}
4
{4}
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解消を確認しました

投稿者:碁盤鮫 投稿日:2020/08/17(Mon) 03:26:22 No.1964

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーー 「スミレ畑」(Sumire 1.7.1014)での実行結果
例外監視中の繰り返し中のエラー
エラーは無でない? ○
繰り返し中の例外監視中のエラー
エラーは無でない? ○
エラーは無でない? ○
エラーは無でない? ○
エラーは無でない? ○
エラーは無でない? ○
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォルダの一覧取得でエラー発生

投稿者: 投稿日:2020/08/16(Sun) 21:14:53 No.1963

 こんにちは、お世話になります。

 再現条件が不明なのですが、「フルパスで[フォルダ名]のフォルダの一覧」でフォルダの一覧を取得しようとすると、下記のようなエラーが発生します。

----- エラー内容 -----
『フルパスで「[フォルダ名]」のフォルダの一覧』という部分で
「フルパスで「[フォルダ名]」」という変数が宣言されていないか、変数に値が代入されていません。
変数を使う前に値を代入する必要があります。

[エラー番号111] [test.exe1 メイン画面.解凍後リネーム開始:209行目]
--------------------

 ちょっと再現する条件がわからないのですが、修正可能でしょうか。

 ちなみに、付属しているサンプルの「ウィンドウ部品\お気に入りツリー.rdr」を実行すると、下記のようなエラーが表示されますが、これに関連していたりするでしょうか。

----- エラー内容 -----
文『一覧』に適した手順が見つかりません。
助詞が一致する手順がないか、異なる種類のオブジェクトが指定されています。

手順の候補:
ファイル:【フォルダ名:文字列】の一覧
フォルダ:【フォルダ名:文字列】の一覧
データセット:【テーブル名:文字列】の一覧

[エラー番号118] [ブックマーク画面.フォルダ追加する:44行目]
--------------------

 環境は、Windows10 64ビット、プロデル 1.7.1014です。

 以上、よろしくお願いいたします。

修正しました

投稿者:ゆうと 投稿日:2020/08/16(Sun) 13:26:26 No.1962

こんにちは
内部仕様の変更でタスクトレイを表示しようとするとエラーとなっておりました。
プロデル1.7.1014で修正済みですので、最新版でお試しください。
それでは。

文字列の設定項目がマニュアル通りにない

投稿者:碁盤鮫 投稿日:2020/08/16(Sun) 04:06:50 No.1961

ーーーーーーーーーー https://wp.utopiat.net/2020/08/2175/#i-14
「とうきょうタワー」のカタカナを表示する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーー 「スミレ畑」(Sumire 1.7.1010)での実行結果
問題が発生しました。
『「とうきょうタワー」のカタカナ』という部分で
「文字列」に「カタカナ」という設定項目または手順はありません。

[エラー番号302] [はじめ:1行目]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マニュアルなどで公式に発表した文例(特に自動実行に適したもの)については、各リリースの前に動作確認しておくといいと思います。

以前、Rubyという言語のオンラインマニュアルで、サンプルが自動実行されて結果が挿入されるようになっていたのですが、言語自体の大きな仕様変更のあと、結果が誤ったものになってしまっていました。

タスクトレイに通知アイコンが表示できない

投稿者:けん 投稿日:2020/08/15(Sat) 22:11:35 No.1960

プロデルのサンプルで、タスクトレイに通知アイコンを表示するサンプルがありますが、私の環境ではどうも正常に動作しません。
どのようにしたら正常に動作するのでしょうか。

Windows 10 Home 64bit
ver 1909

参考:迂回方法

投稿者:碁盤鮫 投稿日:2020/08/15(Sat) 05:37:29 No.1959

ふと思いつきましたので補足を。

例外監視文をブロックに囲うなどすれば、繰り返し文の中でも「エラー」の値が得られるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「繰り返し中の匿名手順実行中の例外監視中のエラー」と報告
5回繰り返す
  『
    例外監視
      1÷0を報告
    発生した場合
      「エラーは無でない? [エラーが無でない]」と報告
    監視終わり
  』 //を実行する
繰り返し終わり

「繰り返し中の手順呼び出し中の例外監視中のエラー」と報告
5回繰り返す
  例外監視をテストする
繰り返し終わり

例外監視をテストする手順
  例外監視
    1÷0を報告
  発生した場合
    「エラーは無でない? [エラーが無でない]」と報告
  監視終わり
終わり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「-3.14の絶対値を報告する」

投稿者:碁盤鮫 投稿日:2020/08/15(Sat) 03:03:28 No.1958

文の中の式の解釈において、優先順位が混乱してしまっているようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー テストプログラムと「スミレ畑」(Sumire 1.7.1010)での実行結果
//-3.14の絶対値を報告する ーーエラー900「プログラム文が書きかけです」
(-3.14の絶対値)を報告する ーー誤「-3.14」
((-3.14)の絶対値)を報告する ーー正「3.14」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新発見:繰り返し中の例外監視でエラーが無

投稿者:碁盤鮫 投稿日:2020/08/14(Fri) 05:12:56 No.1957

(自動テスト用の手順を作ろうとして気づきました。)

繰り返し文の中に置いた例外監視文では、エラーが発生しても「エラー」特殊変数が値をもたないようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー テストプログラム
「例外監視中の繰り返し中のエラー」と報告
例外監視
  5回繰り返す
    1÷0を報告
  繰り返し終わり
発生した場合
  「エラーは無でない? [エラーが無でない]」と報告
監視終わり

「繰り返し中の例外監視中のエラー」と報告
5回繰り返す
  例外監視
    1÷0を報告
  発生した場合
    「エラーは無でない? [エラーが無でない]」と報告
  監視終わり
繰り返し終わり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「スミレ畑」(Sumire 1.7.1010)での実行結果
例外監視中の繰り返し中のエラー
エラーは無でない? ○
繰り返し中の例外監視中のエラー
エラーは無でない? ×
エラーは無でない? ×
エラーは無でない? ×
エラーは無でない? ×
エラーは無でない? ×
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[追記] スミレのバージョン名を表示しました。

固定長配列に関するマニュアルの記述

投稿者:碁盤鮫 投稿日:2020/08/13(Thu) 06:33:04 No.1956

「固定長配列」というデータ型について、マニュアルの記述が混乱しているようです。

(「言語仕様」タブ→「配列の式」→「固定長配列」アンカー)
https://docs.utopiat.net/rdr/reference/syntax/array.html#array_fixed
< 引用 >
【一覧:整数の配列(10)】は、固定長配列(10)を作ったもの
一覧(1)は、「こんにちは」
一覧(11)は、「こんにちは」
一覧(1)をコンソールへ表示する
< 引用ここまで >

ここには正しい用例が(も)あるべきだと思うのですが、これは不正な型「文字列」、不正な要素番号「11」をわざと使っているテストケースのように見えます。(なお、型の制限は効いていないようです。)

(「データ型」タブ→「固定長配列」)
https://docs.utopiat.net/rdr/reference/primitive/fixedarray.htm
には、実際には存在しない(らしい)手順や設定項目の説明が、「配列」の説明から多数引き写されているようで、「動詞一覧」からもリンクされています。(なお、型情報を調べると「Clone」という謎の手順が見えました。)

▲ページの先頭へ

- WebForum -