修正しました

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/02/17(Sun) 17:35:54 No.1723

こんにちは ゆうとです。
お返事遅くなりましたが、
こちらについては、すでに修正済みです。

ご確認頂ければ幸いです。

修正しました

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/02/17(Sun) 17:31:22 No.1722

こんにちは ゆうとです。
お返事遅くなりましたが、以下の現象については修正しました。

> 1.実行ファイル作成時にEXEファイルを上書きする場合、確認ダイアログが2回表示される。
こちらはWindowsそのものの不具合です。
最新のWindows Updateを適用すると解消されたようです。

> 2.実行ファイル作成時に.rdrファイルを保存しても、デザイナーのタブ欄の”*”表示が消えない。
> また、デザイナーを抜ける際に保存確認が出る

こちらは現在公開中のバージョンで既に修正済みです。
ただ、状況により「ウィンドウの設計」画面を開いただけでも表示されることがあります。
無視して頂くか、念のため再度保存してください。

> 3.デバック中に停止行を設定し、ソース修正して、「すべての停止行を解除」するとソースが元に戻ってしまうことがある(CTL-Zと同じような動作)

この現象については、次回公開するバージョンにて修正致します。

ご指摘頂きありがとうございます。

物理メモリの値を使ってください

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/02/17(Sun) 03:34:20 No.1721

こんばんは ゆうとです。

状況が不明な点もありますが次のようなプログラムで
正しく取得出来るかと思います。

-------------------
「Produire.SystemInfo.dll」を利用する
メモリを更新する
結果={
  「総物理領域」=(メモリの総物理領域)のサイズ形式,
  「空き物理領域」=(メモリの空き物理領域)のサイズ形式,
  「物理使用率」=「[メモリの物理使用率]%」}
結果を情報アイコンで表示する
-------------------

メモリ8GB環境では正しく取得できました。
ご確認ください。

可能なら用途なども教えてください

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/02/17(Sun) 02:31:21 No.1720

こんばんは ゆうとです。

> イベント手順の「キーが入力された時」「キーが押された時」でTABキーが取得できませんでした。

こちらについては、ウィンドウに部品が1つ以上あると、フォーカス移動のためのTabキーが優先されます。そのため「フォーカス移動可能」設定項目をすべて×にしてください。

Tabキー移動については不可解な部分があるのですが、別の方法の提示や仕様検討時の参考にしますので、できれば用途などもお書き添えください。
------------
メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを継承する
  はじめの手順
    初期化する
    ーー貼り付けた部品に対する操作をここに書きます
  終わり
  初期化する手順
  ーー自動生成された手順です。ここにプログラムを書き加えても消える場合があります
  この設計スケール比率を{144,144}に変える
  この内容を「メイン画面」に変える
  初期化開始する
  ボタン2というボタンを作る
    その位置と大きさを{34,75,75,23}に変える
    その内容を「ボタン2」に変える
    その移動順を2に変える
    そのフォーカス移動可能を×に変える
  ボタン1というボタンを作る
    その位置と大きさを{34,46,75,23}に変える
    その内容を「ボタン1」に変える
    その移動順を1に変える
    そのフォーカス移動可能を×に変える
  初期化終了する
終わり
  //もしくは次のようにウィンドウの押された手順を使う
  キーが押された時の手順
    この時のキー名を報告する
  終わり
  ボタン1のキーが押された時の手順
    この時のキー名を報告する
  終わり
終わり
------------

> また、仕様かもしれませんが、オブジェクトの「テキスト」「テキスト領域」「書式付きテキスト」でTABが入力できないようです。

こちらについては、不具合でした。
最新版でタブ文字も入力出来るように致しました。
ご確認ください。

修正しました

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/02/17(Sun) 02:05:30 No.1719

こんばんは ゆうとです。
お返事お待たせ致しましたが、「一覧」の部分の解析の不具合について
1.6.949で修正致しました。
ご確認ください。ご指摘頂きありがとうございます。

Re: 別の所でエラーが発生

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/02/17(Sun) 01:57:13 No.1718

こんにちは ゆうとです。
メールにて確認ソース頂きありがとうございます。
スクリーンショットのエラーについては最新版で正しく生成されるように修正しました。

「コンパイル済みデスクトップアプリ」は、通常のランタイム版動作とは
完全に一致していません。細かな挙動で未完成の部分があります。
特に変数や「それ」の扱いなどでうまくプログラムが生成できないことがありますので、
コンパイル済みとして作成する場合には、手間になりますがプログラムの書き換えが必要になることがあります。

複雑なプログラムの場合は、通常の実行可能ファイルとして作成することをおすすめします。

> コンパイル済みデスクトップアプリ作成では、一度型設定した変数に別の型変数の代入を許さないとかの制限があるのでしょうか?

ランタイム版と同じように、同じ名前の変数へ、別の種類の値(オブジェクト)を代入することもできます。
ただコンパイル済みの場合は、別の種類の値を入れることで、うまく生成できない・実行できないことがあります。(このあたりの挙動が未完成です)

ご確認ください。

修正しました

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/02/17(Sun) 01:29:45 No.1717

こんにちは ゆうとです。

リファレンスと異なる挙動となってしまう点につきまして修正致しました。
ご指摘頂きありがとうございます。

今のところ仕様です

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/02/16(Sat) 18:22:12 No.1716

こんにちは ゆうとです。
ご要望ありがとうございます。

こちらについては、正しい仕様と考えています。
ファイル移動時に上書きするのは、一概に良いと言えないこともありますので、エラーとすることにしています。
上書きしたい場合には、次のように上書き先のファイルを消すようにプログラムを書いてください。

----------
移動元は、「xxxx」
移動先は、「yyyy」
もし移動先というファイルが存在するなら移動先を削除する
移動元を移動先へ移動する
------------

ただよく確認するとコピーなどの一度の場合で上書きになっているようですので
何かのタイミングでオプションを増やすなどして対応するかもしれません。
よろしくお願いします。

修正確認しました

投稿者: 投稿日:2019/02/16(Sat) 17:36:45 No.1715

 こんにちは、お世話になります。

 修正を確認しました。
 ありがとうございました。

 以上、今後ともよろしくお願いいたします。

修正確認しました

投稿者: 投稿日:2019/02/16(Sat) 17:36:10 No.1714

 こんにちは、お世話になります。

 修正を確認しました。
 ありがとうございました。

 以上、今後ともよろしくお願いいたします。

▲ページの先頭へ

- WebForum -