プラグインで助数詞を宣言する方法

投稿者: 投稿日:2019/05/18(Sat) 11:51:51 No.2425

 お世話になります。

 プラグインで、「[自分]を[値]ミリ秒でフェードアウト」のような手順を作りたいと思っているんですが、助数詞を指定する方法がわかりません。
 試しに下記のようなソースを作ってみましたが、予想していた通りエラーになってしまいます。

----- ソースコード -----
[自分("を")]
public void フェードアウト([ミリ秒で]uint 値){
//ここに実際に実行する内容が入る
}
----------

----- エラー内容 -----
型または名前空間名 'ミリ秒で' が見つかりませんでした。using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。
----------

 とりあえず、下記のような手順にしてみましたが、これだとプロデルから外套の手順を呼び出すときにエラーが出るようです。
 できればuintを使いたいのですが、int型じゃないとだめなのでしょうか。

----- プラグイン側のソースコード -----
[自分("を")]
public void フェードアウト([で]uint 値){
//ここに実際に実行する内容が入る
}
----------

----- エラー内容 -----
「フェードアウトする」手順の助詞「で」は、情報の形式が異なります。
StringからUInt32へは変換できません。

[エラー番号900] [はじめ:12行目]
----------

 なお、プラグインはC#で開発しており、プロデルのバージョンは1.6.956です。

 以上、わかりにくい説明かもしれませんが、アドバイスを頂けると幸いです。
 よろしくお願いいたします。

解決できず……

投稿者:とおりすがりや 投稿日:2019/05/17(Fri) 01:57:45 No.2424

いつもお世話になっています。

HTTP種類のユーザーやパスワードは種類が違うことは理解できました。
説明ありがとうございます。

ただ、ヤフーショッピングなどのログインした後のページのダウンロード方法がわかりません。
サンプルですが


窓というウィンドウを作る
窓にブラウザ1というウェブブラウザを作る
窓を最大化する
  そのドッキング方向を全体に変える
  そのアドレスを「https://odhistory.shopping.yahoo.co.jp/cgi-bin/history-list」に変える
窓を表示する
待機

これで窓にヤフーショッピングのログインページが出て、ログインすると購入履歴が出るのですが
その先のページをHTTP形式でダウンロードするにはどうしたらいいのでしょう?
ソースを取得すること自体は私でもできるのですが、あいにくそちらは謎の文字化けをしてしまいます。
この現象はHTTPのダウンロードでなら回避ができることがわかっているのでそちらで行いたいのですが可能でしょうか?

Re: HTTPについて

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/05/12(Sun) 16:17:38 No.2423

こんにちは。

> リファレンスでHTTP項目の設定項目でユーザーやパスワードがありますが
> 具体的にはどのように使いのでしょうか?
> システムの書き方もわかりませんが、使い方も理解できていないので教えていただければ幸いです。

HTTP種類のユーザーとパスワードは、サーバからBASIC認証やダイジェスト認証の要求があった場合に使用します。アクセス時に、ブラウザで共通の認証画面が表示されるようなページではこの設定でログインできます。

> 本当にしたいことはHTTPのダウンロードをユーザー認証のあるページで行いたいのですが
> これでどうにかなるのでしょうか?(具体的にはヤフーショッピングのログイン)

Yahoo!やGoogleなど、ブラウザ上でユーザIDとパスワードを入力するタイプの認証方法は、サイト固有の認証です。そのため、上記のユーザIDとパスワードは有効となりません。

「ウェブブラウザ」部品では、普通のブラウザと同じ挙動をしますので、サイト固有の認証ができます。「ウェブブラウザ」部品上で通常通りログインした後、「ウェブブラウザ」部品の「移動する」手順でURLを指定すれば、ダウンロードすることも可能です。また「ソース」設定項目でHTMLコードも取得できるかと思います。

参考にして下さい。

Re^3: 要素の位置を指定して正規表現で抽出する

投稿者:ゆー 投稿日:2019/04/24(Wed) 18:14:18 No.2422

> > こんにちは ゆうとです。
> >
> > 単純に取り出したいだけであれば正規表現で無くても実現できるかと思います。
> > (検索や置換を含む場合には便利なこともありますが、基本的には使わない方が簡単かと思います)
> > よくわかりませんがこんな感じになると思います。
> >
> > -------------
> > 辞書は、「あ a a a
> > え e e e」を改行で区切ったもの
> > 辞書のすべてのdataについてそれぞれ繰り返す
> >   split_dataは、dataを「 」で区切ったもの
> >   歌詞 = split_data(1)
> >   歌詞を報告
> >   音素 = 「」
> >   カウントを2から4まで増やしながら繰り返す
> >     音素 = 音素 & split_data(カウント)
> >   繰り返し終わり
> >   音素を報告
> > 繰り返し終わり
> > --------------
> >
> > 正規表現については次の説明をご覧下さい。
> > https://rdr.utopiat.net/docs/onepage/onereference.html#regexp
> >
> > 参考にして下さい
>
> こんにちは。ゆーです。
>
> 無事できました!ありがとうございます!!

こんにちは、ゆーと申します。

辞書から抽出した歌詞と音素をラベルに入力したいのですが、どのようにすれば可能でしょうか。

辞書は、( 「dic\ja\japanese.utf_8.table」から読み込んだもの)を改行で区切ったもの
辞書のすべてのdataについてそれぞれ繰り返す
   split_dataは、dataを「 」で区切ったもの
   歌詞 = split_data(1)
   音素 = 「」
   カウントを2から4まで増やしながら繰り返す
     音素 = 音素 & split_data(カウント)
   繰り返し終わり
繰り返し終わり
ノートの内容を「[歌詞の内容][音素の内容]」に変える

上記が書いたコードです。

Re^2: 要素の位置を指定して正規表現で抽出する

投稿者:ゆー 投稿日:2019/04/21(Sun) 00:17:49 No.2421

> こんにちは ゆうとです。
>
> 単純に取り出したいだけであれば正規表現で無くても実現できるかと思います。
> (検索や置換を含む場合には便利なこともありますが、基本的には使わない方が簡単かと思います)
> よくわかりませんがこんな感じになると思います。
>
> -------------
> 辞書は、「あ a a a
> え e e e」を改行で区切ったもの
> 辞書のすべてのdataについてそれぞれ繰り返す
>   split_dataは、dataを「 」で区切ったもの
>   歌詞 = split_data(1)
>   歌詞を報告
>   音素 = 「」
>   カウントを2から4まで増やしながら繰り返す
>     音素 = 音素 & split_data(カウント)
>   繰り返し終わり
>   音素を報告
> 繰り返し終わり
> --------------
>
> 正規表現については次の説明をご覧下さい。
> https://rdr.utopiat.net/docs/onepage/onereference.html#regexp
>
> 参考にして下さい

こんにちは。ゆーです。

無事できました!ありがとうございます!!

HTTPについて

投稿者:とおりすがりや 投稿日:2019/04/19(Fri) 10:39:54 No.2420

リファレンスでHTTP項目の設定項目でユーザーやパスワードがありますが
具体的にはどのように使いのでしょうか?
システムの書き方もわかりませんが、使い方も理解できていないので教えていただければ幸いです。

本当にしたいことはHTTPのダウンロードをユーザー認証のあるページで行いたいのですが
これでどうにかなるのでしょうか?(具体的にはヤフーショッピングのログイン)

Re: 要素の位置を指定して正規表現で抽出する

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/04/16(Tue) 03:16:51 No.2418

こんにちは ゆうとです。

単純に取り出したいだけであれば正規表現で無くても実現できるかと思います。
(検索や置換を含む場合には便利なこともありますが、基本的には使わない方が簡単かと思います)
よくわかりませんがこんな感じになると思います。

-------------
辞書は、「あ a a a
え e e e」を改行で区切ったもの
辞書のすべてのdataについてそれぞれ繰り返す
  split_dataは、dataを「 」で区切ったもの
  歌詞 = split_data(1)
  歌詞を報告
  音素 = 「」
  カウントを2から4まで増やしながら繰り返す
    音素 = 音素 & split_data(カウント)
  繰り返し終わり
  音素を報告
繰り返し終わり
--------------

正規表現については次の説明をご覧下さい。
https://rdr.utopiat.net/docs/onepage/onereference.html#regexp

参考にして下さい

要素の位置を指定して正規表現で抽出する

投稿者:ゆー 投稿日:2019/04/09(Tue) 13:13:15 No.2417

こんにちは。ゆーと申します。

配列内の要素の位置を指定して正規表現で抽出したいです。

試しに下記のようなコードを書いてみました。

辞書は、( 「japanese.utf_8.table」から読み込んだもの)を配列化したもの
split_dataは、辞書を「 」で区切ったもの
歌詞 = split_data(1)
歌詞を表示
音素 = 「」
split_data(1)のすべてのoto_charについてそれぞれ繰り返す
音素 = 音素 + oto_char
繰り返し終わり
音素を表示

辞書の内部は画像のようになっており、画像にある右側の文字を正規表現を使って抽出したいのです。

Re^5: Postgreのdllのインストール方法

投稿者:田中充 投稿日:2019/03/29(Fri) 11:29:26 No.2416

いつもお世話になっております。田中です。

アップロードしていただいたDLLで正常動作する事を確認しました。
ありがとうございます。

ただ、サンプルは下記の「使用データベース」を「データベース」に修正する必要がありました。
#マニュアルは、「データベース」でしたので、サンプルが古いのだと思います。

>PostgreSQLの使用データベースを、「test」に変える


以上です。

Re^4: Postgreのdllのインストール方法

投稿者:ゆうと 投稿日:2019/03/25(Mon) 00:51:20 No.2414

こんにちは ゆうとです。

配布場所が開発当時から変わってしまっている可能性があります。
Npgsql.dllを含む必要なDLLファイルをダウンロードできるようにしましたので
こちらをお試し下さい。
https://rdr.utopiat.net/files/Produire.Data.PgSql.zip

npgsqlの動向が追えていませんが、アップロードしたものは2.0.11となっておりますので
2.x.x系の最新版でも動作するかと思います。

今後の更新の際に、新しいバージョンでの動作を確認します。
ご確認ください。

通り道さま、フォローの返信をして頂きありがとうございます。

▲ページの先頭へ

- WebForum -