プロデル コンパイラ

プロデルコンパイラは、プロデルプログラムをMSILコードへコンパイルするコマンドプロンプト上で動作するコンパイラです。

なおコンパイラは、プロデルデザイナにも搭載されています。ファイルメニューより「実行可能ファイルの作成」で種類から「コンパイル済み」を選択することでコンパイルできます。

ダウンロード

mono(Linux/MacOS)版はこちらをご覧下さい。

使い方

このコンパイラは、コマンドプロンプトまたはPowerShell上で実行します。

コマンドライン
[ ]の箇所は省略できます。

rdrc.exe ファイル名 [オプション1] [オプション2] {[オプションn]}

ファイル名
プロデルプログラム(.rdr/.プロデル)またはプロデルプロジェクト(.rdrproj)のパスを指定します。

オプション1
/? または /help →この使い方に関するメッセージを表示します。
/desktop →デスクトップアプリとしてコンパイルします。
/console →コンソールアプリとしてコンパイルします。[既定値]
/library →CLI準拠のライブラリとしてコンパイルします。

オプション2
/allplugins →すべてのプラグインを同梱します。
/x86 →32ビット用の実行可能ファイルを生成します。[既定値]
/anycpu →OSのビット数に応じて起動する実行可能ファイルを生成します。

オプションn(複数指定可能)
/icon [icoファイル] →実行可能ファイルに使用するアイコンファイル
/version 0.0.0.0→付加するバージョン情報

プロデルプロジェクト(.rdrproj)を指定した場合は、その詳細設定で指定したオプションが反映されます。

過去のバージョン