ホットキー

概要

 

必要プラグイン

ウィンドウ部品集(Produire.WinControl.dll

 

作成する方法

【名前】というホットキーを作る

手順

部品から継承される手順のほか、次の手順が使用できます。

登録する 解除する 

【自分】を登録する

指定したキーの組み合わせでホットキーを登録します。
イベント手順は、登録後に実行されるようになります。

【自分】を解除する

登録したホットキーを解除します。解除すると、イベント手順が実行されなくなります。
キーの組み合わせを変更したい場合は、「登録する」前にこの手順を実行する必要があります。

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
キー 文字列 設定するホットキーの一般キー
シフトキー 真偽 キーと同時にシフトキーを押す必要があるかどうか
コントロールキー 真偽 キーと同時にコントロールキーを押す必要があるかどうか
オルトキー 真偽 キーと同時にオルトキーを押す必要があるかどうか
ウィンドウズキー 真偽 キーと同時にウィンドウズキーを押す必要があるかどうか

記号の意味

イベント手順

部品から継承されるイベント手順のほか、次のイベント手順が使用できます。

イベント名 説明 情報
押された 登録したホットキーが押された時された時

プログラム例

[Shift]+[Control]+[P]キーを押すとメッセージが表示されてプログラムが終了します。

テストキーというホットキーを作る
テストキーのキーは、「P」
テストキーのシフトキーは、○
テストキーのコントロールキーは、○
テストキーを登録する
待機する

テストキーが押された時の手順
  「押されました」を表示する
  終了する
終わり