マスクテキスト

概要

特定の書式にあわせたテキストだけを入力することができる部品です。

生成可能ウィンドウ部品

継承する種類

テキスト

必要プラグイン

ウィンドウ部品集(Produire.WinControl.dll

 

作成する方法

【名前】というマスクテキストを作る

 

設定項目

テキストから継承される設定項目のほか、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
書式 文字列 マスクテキストで入力できる内容の規則を表す書式
アスキー文字のみ 真偽値 アスキー文字(半角英数字と半角記号)のみが入力できるかどうか
入力済み 真偽値 「書式」設定項目で必須となっている文字がすべて入力されたかどうかを取得します
全文字入力済み 真偽値 入力可能なすべての文字が入力されたかどうかを取得します
未入力文字 文字 ユーザからの入力がない状態を表す文字
未入力文字入力可能 真偽値 「空文字」設定項目で使用している文字をユーザが入力できるかどうか
定型文字入力可能 真偽値 書式の定型句をユーザが入力できるかどうか
クリップボード内容形態 列挙体 コピーや貼り付け操作で得られる対象となる入力結果の形態
{入力テキストのみ、定型文字、空文字、すべて}
内容形態 列挙体 「内容」設定項目で得られる入力結果の形態
{入力テキストのみ、定型文字、空文字、すべて}

記号の意味

イベント手順

部品から継承されるイベント手順が使用できます。

 

プログラム例

様々な種類の自動整形されるテキストボックスを作ります。

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを継承する
  
  はじめの手順
  この内部領域大きさを{284、262}に変える
  この内容を「マスクテキストの例」に変える
  このドラッグドロップを○に変える
  ラベル3というラベルを作る
    その内容を「価格」に変える
    その移動順を6に変える
    その位置と大きさを{43、97、29、12}に変える
  ラベル2というラベルを作る
    その内容を「日付」に変える
    その移動順を5に変える
    その位置と大きさを{43、60、29、12}に変える
  マスクテキスト3というマスクテキストを作る
    その書式を「\\000,000,000」に変える
    その未入力文字を「0」に変える
    その内容を「\ , ,」に変える
    その移動順を4に変える
    その位置と大きさを{43、112、100、19}に変える
  ラベル1というラベルを作る
    その内容を「携帯電話番号」に変える
    その移動順を3に変える
    その位置と大きさを{43、16、77、12}に変える
  マスクテキスト2というマスクテキストを作る
    その書式を「0000/00/00」に変える
    その未入力文字を「0」に変える
    その内容を「 / /」に変える
    その移動順を2に変える
    その位置と大きさを{43、75、100、19}に変える
  マスクテキスト1というマスクテキストを作る
    その書式を「000-0000-0000」に変える
    その未入力文字を「0」に変える
    その内容を「 - -」に変える
    その移動順を1に変える
    その位置と大きさを{43、34、100、19}に変える
  終わり
終わり