リファレンスの表記

 

記号の意味

リファレンスでは、プログラムの説明のために色や記号を使っています。
それそれの意味は、次のようになります。

例文のプログラム

プロデルのプログラムは、青い四角で囲まれます。

例文のプログラム

ーーこの部分は、プログラムの説明です。プログラムの動きには関係ありません。
説明の関係のあるプログラムはこのように強調されます

種類の説明にあるアイコンの意味

生成可能 「作る」文を使って、生成することで利用できる種類です。
ウィンドウ部品 ウィンドウ上に貼り付けることができる種類です。
静的種類 「作る」文で生成する必要なく、そのまま使える種類です。
抽象種類 手順と設定項目の定義のみ種類です。生成したり、そのまま利用することはできません。
広域種類 種類名を指定することなく利用できる種類です。
保護機能が有効 保護機能が有効な種類または手順です。
実行可能ファイルでは、実行が制限されます。

手順の書式

プロデルのプログラムに書くプログラム文の構造を表した部分は、オレンジ色の四角で囲まれます。
書式に書かれた読点(“、”や“,”)は、省略することができます。また読点をスペースに変えることもできます。

【メッセージ】を表示する

書式の意味

【 】 手順の実行に必要な情報(引数)を、書く部分であることを表します。

実際にプログラムに書くときには、この部分を式(文字列や数値、変数など)に置き換えて書きます。
記号“【”と“】”をプログラムに書く必要は、ありません。
【 : 】 引数が特定の種類であることを表します。
【自分】 手順を持つ種類(レシーバオブジェクト)を書く部分であることを表します。
〈 〉 省略可能である部分を表します。
この記号で囲まれた部分は、プログラムへ書かなくてもエラーとなりません。
必要な場合だけ書いてください。
{A・B} A・Bのいずれかから選択して書く部分であることを表します。

設定項目の記号の意味

設定項目の一覧で使用する記号は、次のような意味を表します。

設定項目の値を取得したり設定したりすることができます。
設定項目へ値を設定することだけができます。
設定項目の値を取得することだけができます。