画像

概要

ビットマップイメージなどの画像データを持つ種類です。

作成する方法

画像(【画像ファイル:文字列】)を作る

【画像ファイル】には、画像ファイル(jpg,png,gif,bmp)を指定します。

画像(【画像データ:バイナリデータ】)を作る

【アイコンデータ】には、画像の内容を表すバイナリ配列を指定します。

手順

保存する 切り取る リサイズする 色を取得する 設定する 

【自分】を【ファイル名】へ保存する

画像を指定したファイル名で保存します。

【自分】から【位置と大きさ】を切り取る:画像

画像から指定した位置と大きさの範囲を残して切り取り(トリミング)します。

元画像という画像(「写真.jpg」)を作る
元画像から{500,500,200,200}を切り取って切り取り画像とする

【自分】を【大きさ】へリサイズする:画像

画像を指定した大きさへリサイズ(伸縮)します。

元画像という画像(「写真.jpg」)を作る
元画像を{180,180}へリサイズしてリサイズ画像とする

【自分】を【大きさ】へリサイズする:画像

画像を指定した倍率で伸縮します。

元画像という画像(「写真.jpg」)を作る
元画像を2.5倍リサイズしてリサイズ画像とする

【自分】にて【位置】から色を取得する:色情報

画像から指定した位置にある色情報を取得します。

写真は、画像(「写真.jpg」)を作ったもの
写真にて{10,20}から色を取得する
それを報告する

【自分】にて【位置】へ【色:色情報】を設定する:色情報

画像から指定した位置にある色情報を設定します。

写真は、画像(「写真.jpg」)を作ったもの
写真にて{10,20}へ緑色を設定する

設定項目

設定項目   説明
内容 文字列 画像をMIME形式で表します
整数 画像の幅を表します
高さ 整数 画像の高さを表します
大きさ   画像の大きさを表します

プログラム例

指定した画像ファイルを開き、その画像サイズを取得します。

画像(「[デスクトップ]写真.jpg」)を作って、画像データとする
画像データの大きさを報告する