「それ」

「それ」特殊変数は、直前に実行された手順の戻り値を表す特別な変数です。

 

手順を式として呼び出した場合は、「それ」には戻り値が格納されません。

「それ」特殊変数は、変数を用意しなくても、手順の戻り値を利用できる仕組みです。

使用例

「作る」文は、戻り値として作ったオブジェクトを返します。「作る」文が実行されると、その戻り値が「それ」特殊変数に格納されます。2行目で「それ」を使うと、1行目で作ったオブジェクトを操作できます。

ウィンドウを作る
それを表示する
待機

なお、戻り値がない手順の場合は、その手順を実行しても「それ」が表すものは変わりません。次の例文のように「変える」文は、戻り値がない手順なので、「それ」には、「作る」文の戻り値を持ったままになります。

ウィンドウを作る
  そのタイトルを「テキストエディタ」に変える
それを表示する
待機