「それ」

直前に実行された手順の戻り値を表します。

使用例

「車」種類を継承した「トラック」種類から、「車」種類の「処理する」手順を実行します。
通常、同じ名前の手順がある場合、一番子の(継承先で宣言された)手順が優先されますが、「継承元」を使うことで、1つ親の種類に属する手順や設定項目、変数を指定することができます。

トラックをテストする

車とは
  【自分】を、処理する手順
    「車です」を報告する
  終わり
終わり

トラックとは
  車を継承する

  【自分】を、処理する手順
    「トラックです」を報告する
  終わり

  【自分】を、テストする手順
    処理する
    継承元を処理する
  終わり
終わり