ショートカットファイル

概要

ショートカットファイルを作成したり、情報を取得する種類です。

利用する際に、このオブジェクトを作る必要はありません。

静的種類保護機能が有効

利用プラグイン

ファイル操作機能

手順

作成する 開く 保存する 

次の手順が使用できます。

【対象ファイル名】を【ショートカットファイル名】へ〈【説明】として【アイコン】で〉作成する :ショートカットファイル

ショートカットファイルを作成します。

ショートカットファイル:「notepad.exe」を「メモ帳」として「notepad.exe」で「[デスクトップ]テスト.lnk」へ作成する

【自分】として【ファイル名】を開く:ショートカットファイル

ショートカットファイルを開きます。

ショートカットは、「ショートカット.lnk」を開いたもの
ショートカットのリンク先を表示する

【自分】を【ファイル名】へ保存する

ショートカットファイルを保存します。

ショートカットを「[デスクトップ]ショートカット.lnk」へ保存する

設定項目

設定項目   説明
リンク先 文字列 ショートカットファイルのリンク先
引数 文字列 リンク先が実行可能ファイルの時の引数
作業フォルダ 文字列 プログラムの最初の作業フォルダ
アイコン 文字列 ショートカットファイルのアイコンファイル
アイコン番号 整数 リンク先がEXEやDLLファイルの場合のアイコン番号
説明 文字列 ショートカットファイルの説明
初期状態 列挙 プログラムのウィンドウの初期状態
{標準、最大化、最小化}

記号の意味

プログラム例

デスクトップにメモ帳のショートカットを作成します。

ショートカットファイル:「notepad.exe」を「メモ帳」として「notepad.exe」で「[デスクトップ]テスト.lnk」へ作成する