スレッド

概要

同時並行で処理を行うときに処理一単位を表すオブジェクトです。
マルチスレッドに対応したパソコンでは、スレッドを使うことで、複数の処理を同時並行で実行させることができます。

作成する方法

【名前】というスレッドを作る

手順

次の手順が使用できます。

実行する 停止する 待機する 

【自分】で【プログラム】を実行する

指定したプログラムをこのスレッドで実行します。

プログラム:スレッドで実行するプログラムを匿名手順で指定します

【自分】を停止する

スレッドを強制終了します。

【自分】を待機する

スレッドの処理が終了するまで、待機します。

【自分】を【ミリ秒】だけ待機する

指定した時間だけスレッドの処理を一時停止します。

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
実行中 真偽 スレッドでプログラムが実行中であるかどうかを表します
ID 整数 スレッド固有のIDを表します
名前 文字列 スレッドの名前
優先度 列挙 スレッドの優先度
{高,通常以上,通常,通常以下,低}
バックグラウンド 真偽 裏で実行するスレッドであるかどうか
状態 列挙 スレッドの状態を表します
{中断,中止要求中,バックグラウンド,実行中,停止,停止要求中,中断,中断要求中,未実行,待機}

記号の意味

イベント手順

イベントはありません。

 

プログラム例

値を5から0まで減らしながら表示するスレッドA,Bを2つ作り、平行して実行します。
2CPUのパソコンでは、AとBのカウントダウンが同時に実行され、
1CPUのパソコンでは、Aのカウントダウンが行われた後にBのカウントダウンが実行されます。

ーーコンソールで実行してください
※コンソール

スレッドAというスレッドを作る
スレッドBというスレッドを作る

スレッドAで『
  5から0まで【値】を減らしながら繰り返す
    「A:[値]」をコンソールへ表示して改行する
  繰り返し終わり
』を実行する

スレッドBで『
  5から0まで【値】を減らしながら繰り返す
    「B:[値]」をコンソールへ表示して改行する
  繰り返し終わり
』を実行する

ーー2つのスレッドが共に終わるまで待機する
スレッドAを待機する
スレッドBを待機する

コンソールから受け取る