COM型

概要

COM(Component Object Model)/ActiveXのクラス型を表す種類です。
ActiveXとして開発されたコンポーネントをプロデル上で扱うための情報を格納しています。

注意! この機能を利用するためには、C++,VBA,VB6言語などの他のプログラミング言語に加えてCOM/ActiveXの知識が必要になります。この機能を利用したCOMクラスの利用方法については、各自でお調べ下さい。

生成可能

関連項目

作成する方法

【名前】とCOM型(【型名】)を作る

【型名】には、COMクラスのProgIDまたはクラスID({ }で囲まれたGUID形式)を指定します。

手順

継承された手順の他、次の手順が使用できます。

インスタンスを作る 

〈【引数一覧】で〉インスタンスを作る:オブジェクト

COM型が持つ型情報からインスタンスを生成します。

設定項目

継承された設定項目の他、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
     
     

記号の意味

プログラム例

Adobe Readerで提供されているCOMインタフェースを利用して、COM型のインスタンスを生成し、Adobe ReaderでPDFファイルを開きます。

AcroAppClassというCOM型(「{85DE1C45-2C66-101B-B02E-04021C009402}」)を作る
AcroAppClassからインスタンスを作ってacroAppとする
AcroAVDocClassというCOM型(「{72498821-3203-101B-B02E-04021C009402}」)を作る
AcroAVDocClassからインスタンスを作ってavDocとする
avDoc:Open(「xxxx.pdf」、「」)
acroApp:Show()
3秒待つ
acroApp:CloseAllDocs()
acroApp:Exit()