ネイティブ参照

概要

ネイティブ関数を呼び出すときのポインタを表す種類です。

ネイティブ参照を作成すると、ポインタを格納するメモリ領域が確保されます。
また、ポインタが示す先のデータ型に応じて、文字列またはバイナリ配列の領域を確保して、設定したり取得したりできます。

注意! この機能を利用するには、C/C++言語など他のプログラミング言語の知識が必要になります。この機能を利用した外部DLLの呼び出し方法については、各自でお調べ下さい。

生成可能

関連項目

手順

バイナリとして取得する 

【自分】を【バイト数】だけバイナリとして取得する

ポインタが示す先のバイナリ配列の領域の内容を1番目から指定したバイト数だけ取得します。

設定項目

設定項目 型    説明
文字列 ポインタが参照する先の値のデータ型
文字数 文字列 型が文字列の場合に格納できる文字数
バイト数 型情報 型がバイナリ配列の場合に格納できるバイト数
オブジェクト ポインタが示す値
ネイティブ関数の呼び出し時に「型」設定項目で指定したデータ型に変換されます
ポインタ値 整数 ポインタそのものの値を表します

プログラム例

Win32APIのGetUserName関数を呼び出します。
ユーザ名を格納するネイティブ参照と、ユーザ名の文字数を格納するネイティブ参照を作り、関数の引数に指定します。

ユーザ名取得は、ネイティブ関数(ファイル名「advapi32.dll」,関数名「GetUserNameA」)を作る
ユーザ名取得の戻り値型は、整数
ユーザ名取得の引数型一覧は、{文字列、整数}

Name=ネイティブ参照(型文字列,文字数256)を作る
Size=ネイティブ参照(型整数)を作る

ユーザ名取得を{Name, Size}で呼び出す

Nameの値を報告する
Sizeの値を報告する