ネイティブ関数

概要

ネイティブのダイナミックリンクライブラリ(DLL)に含まれる関数を呼び出すための種類です。一つのオブジェクトで1つの関数を呼び出せます。

C/C++などの言語でコンパイルされたライブラリ関数を利用できます。

プロデルでは、64ビットWindows上でもWoW64を使用して32ビットで動作します。そのため、32ビット用のDLLファイルが必要です。
なお、プロデルデザイナの「オプション」で指定することで、64ビットで動作する実行可能ファイルを作成することが可能です。

注意! この機能を利用するには、C/C++言語など他のプログラミング言語の知識が必要になります。この機能を利用した外部DLLの呼び出し方法については、各自でお調べ下さい。

生成可能

関連項目

作成する方法

【名前】というネイティブ関数を作る

ネイティブ関数を呼び出すには、「ファイル名」設定項目と「関数名」設定項目、「戻り値型」を必ず指定して下さい。

手順

呼び出す 

【自分】を【実引数一覧】で呼び出す:オブジェクト

指定した関数を呼び出します。

【実引数一覧】には、引数に渡す引数を指定します。実引数に、ポインタを渡す場合は「ネイティブ参照」種類、構造体を渡す場合は「ネイティブ構造体」種類のオブジェクトを指定します。

呼び出し時、「引数型一覧」設定項目で指定したデータ型に変換されて、関数に渡されます。

戻り値は、「戻り値型」設定項目のデータ型に変換されて、表されます。

設定項目

設定項目 型    説明
ファイル名 文字列 ライブラリのファイル名(DLL)
関数名 文字列 実行する関数名
戻り値型 型情報 関数の戻り値のデータ型
引数型一覧 型情報の配列 関数の引数のデータ型一覧

プログラム例

Win32APIのMessageBox関数を呼び出します。

メッセージボックスは、ネイティブ関数(ファイル名「user32.dll」、関数名「MessageBoxA」)を作る
メッセージボックスの戻り値型は、整数
メッセージボックスの引数型一覧は、{整数, 文字列, 文字列, 整数}

メッセージボックスを{0, 「こんにちは」, 「タイトル」, 0}で呼び出して結果とする
結果を報告する