ドライブ情報

概要

ドライブの情報を取得するための種類です。

生成可能

関連情報

作成する方法

【ドライブ名】というドライブを取得して【名前】とする

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
フォーマット 文字列 ドライブのフォーマット形式
ボリューム名 文字列 ドライブのボリューム名
空き容量 長整数 ドライブの空き容量
空き容量表記 文字列 ドライブの空き容量の表示用表記
種類 列挙体 ドライブの種類
容量 長整数 ドライブの総容量
容量表記 文字列 ドライブの総容量の表示用表記
利用可能 真偽値 ドライブが利用可能できるかどうか
利用可能空き容量 長整数 ユーザが利用できる領域の空き容量
利用可能空き容量表記 文字列 ユーザが利用できる領域の空き容量の表示用表記

記号の意味

プログラム例

ドライブ名をリストビューに列挙します。

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを受け継ぐ
  
  はじめの手順
    この内容を、「ドライブ」に変える
    この大きさを{400,300}に変える
    リストビュー1というリストビューを作る
      その位置と大きさを{50,50,300,200}に変える
      そのドッキング方向を「上」+「下」+「右」+「左」に変える
      その見出し一覧を{「ファイル名」、「更新日」、「種類」}に変える
      その見出し幅を{100,80,100}に変える
      そのタイルサイズを{200,45}に変える
      その表示方法を「縮小版」に変える
    ドライブの一覧のすべてのドライブ名についてそれぞれ繰り返す
      ドライブ要素は、ドライブ名というドライブを取得したもの
      リスト項目=リストビュー1にドライブ名を加える
      もしドライブ要素の利用可能でないなら
        リスト項目の詳細を{ドライブ要素の種類、「利用不可能」}に変える
      そうでなければ
        リスト項目の内容は、「[ドライブ名] ([ドライブ要素のフォーマット])」
        リスト項目の詳細を{ドライブ要素の種類、「空き領域 [ドライブ要素の空き容量表記]/[ドライブ要素の容量表記]」}に変える
      もし終わり
    繰り返し終わり
  終わり
終わり