ピクチャー

概要

画像や図形を表示するための部品です。

生成可能ウィンドウ部品

継承する種類

ウィンドウ部品

作成する方法

【名前】というピクチャーを作る

 

手順

部品から継承される手順のほか、次の手順が使用できます。

クリアする 開く 非同期で開く 中止する 保存する 印刷する 確認して印刷 

【自分】をクリアする

ピクチャー上に表示されている画像を白紙にして、背景色で塗りつぶします。

【自分】へ【ファイル名/インターネットアドレス】を開く

ピクチャーへ画像を読み込みます。
ファイル名を省略すると「ファイル名」設定項目で設定したアドレスを読み込みます。

【自分】へ【ファイル名/インターネットアドレス】を非同期で開く

ピクチャーへ画像を読み込みます。
ファイル名を省略すると「ファイル名」設定項目で設定したアドレスを読み込みます。

【自分】を中止する

「非同期で開く」命令で実行中の読み込み処理を中止しします

【自分】を【画像ファイル名】へ保存する

ピクチャー上の画像を画像ファイルとして保存します。

【自分】を印刷する

テキストの内容をプリンタへ印刷します

【自分】を確認して印刷する

プリンタと印刷設定を確認して、テキストの内容をプリンタへ印刷します

設定項目

部品から継承される設定項目のほか、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
エラー画像   「開け」命令で読み込みに失敗した場合に表示する画像
ファイル名   ピクチャーに表示する画像のファイル名
画像   ピクチャーに表示する画像
自動調整   ピクチャーの大きさをどのように自動調整するか
{なし・自動調整・中央・拡大縮小}
同期読み込み   「開け」命令の読み込み処理が終わるまでプログラムの実行を待つかどうか
読み込み画像   「開け」命令で読み込み中に表示する画像
  枠の形
{なし・線}

記号の意味

イベント手順

部品から継承されるイベント手順のほか、次のイベント手順が使用できます。

 

プログラム例

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを受け継ぐ

  はじめの手順
    ピクチャー1というピクチャーを作る
      その位置と大きさを、{10,10,150,150}に変える
      その画像を「produire.bmp」に変える
      その背景色を緑に変える
  終わり

  閉じる時の手順
    終了する
  終わり
終わり