パネル

概要

複数の部品をまとめることができる部品です。
パネルの上にさらに部品を作成することができ、パネル単位で移動や調整ができます。

生成可能ウィンドウ部品

継承する種類

ウィンドウ部品

 

作成する方法

【名前】というパネルを作る

 

手順

部品から継承される手順のほか、次の手順が使用できます。

クリアする 作る 消す 

【自分】をクリアする

パネルに貼り付けた画像や部品をすべて削除します

【自分】へ【名前】という【部品名】を作る

部品を作成して、パネル上に表示します

【自分】から【名前】を消す

パネル上から指定した部品を消します

設定項目

部品から継承される設定項目のほか、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
自動調整   自動調整するかどうか
自動調整方法   パネルの大きさの調整方法
伸縮・拡大のみ
  パネルに枠を表示するかどうか
なし・線
子部品一覧  タブ内部に含まれる部品の一覧

記号の意味

イベント手順

部品の基本的なイベント手順が使用できます。

イベント名 説明 情報
スクロールされた スクロールバーで縦横にスクロールされた時  
横スクロールされた スクロールバーで横方向にスクロールされた時  
縦スクロールされた スクロールバーで縦方向にスクロールされた時  

 

プログラム例

窓というウィンドウを作る
  その内容は、「パネルの例」
窓へ第1ボタンというオプションを作る
  その位置は、{30,10}
  その内容は、「第1パネルへ」
  その見た目は、ボタン
窓へ第2ボタンというオプションを作る
  その位置は、{150,10}
  その内容は、「第2パネルへ」
窓へパネル1というパネルを作る
  パネル1の背景色は、黄色
  パネル1の位置は、{30,50}
窓へパネル2というパネルを作る
  パネル2の背景色は、緑色
  パネル2の位置は、{30,50}
窓を表示する
第1ボタンを選択する

待機する

第1ボタンが選択された時の手順
  パネル1を表示する
  パネル2を隠す
終わり

第2ボタンが選択された時の手順
  パネル1を隠す
  パネル2を表示する
終わり