コンテキストメニュー

概要

右クリックした際に表示されるメニュー項目をまとめるための部品です。

関連情報

作成する方法

【名前】というコンテキストメニューを作る

 

手順

すべて消す 追加する 削除する 

【自分】をすべて消す

メニューの項目をすべて削除します

【自分】へ〈【名前】という〉【種類】を追加する

メニューへ項目を加えます。
【種類】には、“メニュー項目”または“境界線”を指定します。

【自分】から【名前】を削除する

メニューから項目を消します

設定項目

部品の基本的な設定項目のほか、次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
ハンドル 整数 メニューのハンドルを表します
透明色 表示する画像で透過にする色

記号の意味

プログラム例

テキスト領域を右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます。

窓というウィンドウを作る

窓へテキスト領域1というテキスト領域を作る
  そのドッキング方向を「全体」に変える

メニュー1というコンテキストメニューを作る
メニュー1へ切り取り項目というメニュー項目を追加する
  その内容を「切り取り(&T)」に変える
メニュー1へコピー項目というメニュー項目を追加する
  その内容を「コピー(&C)」に変える
メニュー1へ貼り付け項目というメニュー項目を追加する
  その内容を「貼り付け(&P)」に変える
メニュー1へ境界線を追加する
メニュー1へすべて選択項目というメニュー項目を追加する
  その内容を「すべて選択(&A)」に変える
テキスト領域1のコンテキストメニューをメニュー1に変える

窓を表示する
待機する

切り取り項目がクリックされた時の手順
  テキスト領域1を切り取る
終わり

コピー項目がクリックされた時の手順
  テキスト領域1をコピーする
終わり

貼り付け項目がクリックされた時の手順
  テキスト領域1へ貼り付ける
終わり

すべて選択項目がクリックされた時の手順
  テキスト領域1をすべて選択する
終わり