2014/11/08更新

種類とは

「種類」とは、複数の手順や変数を機能ごとに分類して、まとめたものです。

プログラムが大きくなると、手順や変数をたくさん作ることになり、整理する必要があります。
種類を使うことで、手順や変数を一つの固まりにまとめることができます。

また、「作る」命令を使うことで、種類のコピー(インスタンス)を生成することができます。

種類を作ることで、オブジェクト指向のプログラムを作ることができます。
種類を「継承」することもできます。

 

種類は、一般のプログラミング言語では、クラスと呼ばれるものに相当します。
しかし、宣言した種類はインスタンスを作成することなく、静的に呼び出して利用することができるなど、
JavaやC#におけるクラスとは異なる点もあります。
また、プロデルでは型を宣言する必要がないため、オーバライドなども異なります。

 

種類の書式

種類を定義するには、次のように書きます。

【種類名】とは

  /* この中に種類内の手順や変数を書きます */

終わり

 

種類の生成

定義した種類にある手順や変数は、そのまま使うことができますが、
「作る」命令を使うことで、同じ手順や変数を持つ種類を、コピーして作ることができます。

【オブジェクト名】という【種類名】を作る

 

種類が持つ変数

種類の定義の上で、変数名を指定すると、その変数は種類に属する変数(フィールド)となります。

変数定義上の変数の宣言は、様々な表現がありますが、
すべて「持つ」「持ち」のいずれかが含まれています。

//日本語表記
【変数名】
を持つ
【種類名】である【変数名】を持つ

マイカーという車を作る
マイカーの名前は、「カローラ」

車とは
  名前を持つ
終わり

次のようにUML風に書くこともできます。

//UML表記
【修飾子】【変数名】【種類名】
【修飾子】【変数名】【種類名】=【値】

マイカーという車を作る

車とは
  +名前:文字列=「カローラ」
終わり

 

種類が持つ手順

種類内に手順の定義を書くことで、種類に属する手順(命令)を書くことができます。

種類の中に「鳴る」という手順を作ります。

トラックという車を作る
トラックを鳴らす

車とは

  [自分]を、鳴らす手順
    「ブッーブッー」を表示する
  終わり

終わり

 

初期化するための特別な手順(コンストラクタ)

「作る」命令によって、種類が作成される際に実行される手順
多くの場合、変数の初期化などの処理を書きます。

助詞を書くことはできません。

はじめの手順

終わり

 

解放するための特別な手順(デストラクタ)

種類が使用されず、削除される場合に実行する手順
種類が不要になった際に、関連する変数や機能を終了させる際に使用します。

助詞を書くことはできません。

終わりの手順

終わり

 

種類が持つ設定項目

種類に、設定項目(プロパティ・属性)を定義することができます。

 

取得する際の手順

種類の【設定項目名】に対し、設定項目が取得された際に実行する手順(ゲッター)を定義します。
設定項目の結果は、「抜ける」命令で書きます。

【設定項目名】を取得する手順
  【内容】で抜ける
終わり

設定する際の手順

種類の【設定項目名】に対し、設定項目へ設定する際に実行する手順(セッター)を定義します。
設定項目へ設定する値は、「設定値」変数に格納されます。

【設定項目名】を設定する手順

終わり

取得と設定の手順をまとめる

設定項目を取得する手順と設定する手順を一つにまとめることもできます。

【設定項目名】という属性

 取得する手順
  【内容】で抜ける
 終わり

 設定する手順

 終わり

終わり

利用者の年齢は、10
利用者の年齢を表示

利用者とは
  歳を持つ

  年齢という属性

    設定する手順
      歳は、設定値
    終わり

    取得する手順
      歳で抜ける
    終わり

  終わり
終わり

「作る」文の初期値の指定

「作る」文で種類を生成すると同時に、生成後のオブジェクトの設定項目や種類変数の初期値を指定できます。

この文法によりプログラムの簡略表記が可能になります。
なお、初期値が指定できるのは、すでに定義してある設定項目か種類変数のみとなります。

//「作る」文で種類変数の初期値を指定する例
池という円(半径15,位置{10,10})を作る
円とは
 +半径
 +位置
終わり

//「作る」文で設定項目の初期値を指定する例
窓というウィンドウを作る
窓に了解というボタン(幅100,高さ30,位置{50,50},内容「了解!」,見た目「フラット」,背景色黄色)を作る
窓を表示する
待機する

 

次は 4.種類を継承する